カニギフトの選び方

かにをお歳暮にしよう、と考えた方、ここだけの話、注意してほしいことがあります。どういうことかといいますと、店頭には多くのかにが並んでいるでしょうが、お店の人に選んでもらうのを避けることです。かにの選び方に自信がないためですが、自分が選ぶよりましだろうと決め込んでいると、鮮度が今ひとつのかにや、一見わからない傷のあるかにを贈ってしまったら大変です。お歳暮のかにには特に念を入れて、実績のあるところから買うことを勧めます。上海ガニは丸ごと蒸したり、小籠包の具にしたりと実にいい味を出すので、その名にふさわしい有名なブランドです。チュウゴクモズクガニという名の通り、中国原産で比較的多くの地域でみられます。高級食材の割には、何でも食べるので正真正銘の侵略的外来種です。上海ガニの拡散を防ぎ、生態系を維持するために上海ガニの生体や卵が取引されないよう制限をかけている国もあります。皆さん、食用かにの種類をいくつ挙げられますか。タラバガニは、どこの国でもよく食べられています。それから、毛蟹を挙げる方も多いでしょう。新鮮であるほど硬い毛が密集していて、タラバガニとはまた違った身や味噌のおいしさがこれぞかに、という方はたくさんいます。ズワイガニも多く出回っており、その味もよく知られた種類です。種類によっておいしさが違うのもかにの特徴で、それぞれに好きな方がいます。通販でのズワイガニ購入の際には、訳あり商品はないか、良く探してくださいね。ほとんどの通販では、訳ありの理由を示していますが、サイズが大きすぎるか小さすぎるものや、食べても問題がない程度の傷がある品などで、味に問題はないものばかりです。

それなのに、値段はものすごく安いのです。自宅用で食べる分には訳あり商品を候補にしていくのが通の買い物ですよ。セコガニも幻のかにです。その実態は松葉ガニのメスです。メスしかいないので、松葉ガニより小さめサイズが多いのですが卵を抱えたかにでおいしさもひとしおなので、松葉ガニにはない味を求める方も後を絶ちません。かにのシーズンの始め、11月から1月の間しか漁の期間は決まっているのでその貴重さは際立っています。おいしいタラバガニを選びたい方、注意してください。まずは、雄を選んでください。雌は栄養分を卵にとられるのでタラバガニを食べる目的とも言えるおいしい脚肉を食べたければオスで決まりでしょう。さらに、甲羅中央部に縦2列で並ぶ突起が、いくつあるか数えてください。正真正銘のタラバガニは、突起が6つありますが、4つだけなら、アブラガニなので、似ていますが別の種類です。家での食事にかにが出てくるだけでパーティー気分になれた経験は誰にでもあるものです。とりわけ丸ごとのかにを見れば、どれほどみんな嬉しかったことか。大概の地域のスーパーではいつも丸ごとのかにを扱っているとは言えません。少し時間をかけて、産地直送の通販でかにを買うと新鮮な状態で届けてくれるので、お財布にもやさしいでしょう。ちょっとした臨時収入があり、美味しいものを食べようと思い、通信販売のかになんてそれほど美味しいはずはない、と思いながらも申し込むことにしました。あまり期待はしていなかったのですが、想像以上に美味しく、感激しました。今まで全く知りませんでしたが、結構長い歴史があるらしく、私が生まれる前からかにを食べたいと思う人がいて、かにを送ってくれるところもあったというわけです。その時点では、生鮮食品のお取り寄せというのが今ほど浸透しておらず、利用されているという話を聞くこともほとんどなかったので、かにを買うのに通販を利用することの利点などなく、品物があまりよくないと聞いたりして、信用できませんでした。ただ、現代は淘汰の激しい時代であり、そんな中生き残っているかに通販のかにが美味しいのは、当然です。味は私が保証します。

カニギフトの選び方 はコメントを受け付けていません。

Posted in 未分類